親知らずが痛いときの対処法

皆さんこんにちは。

ハートデンタルクリニックです。

親知らずのあたりが腫れた、あるいは痛いと感じたら、その周囲で何らかの異常が生じていることは間違いありません。

親知らずの異常となると、抜歯が必須となると思っている方も多く、歯医者さんに行くのをためらってしまいますよね。

そこで今回は、親知らずが痛いときの対処法についてわかりやすく解説します。

抜かなくても良い親知らずもある

はじめに、親知らずの治療は抜歯に限定されるわけではないということを知っておいてください。

確かに、他の歯と比べると親知らずに抜歯が適応される頻度は高くなっていますが、ケースによっては、そのまま残せることもあります。

なぜ抜歯が多くなるのか?

親知らずに抜歯が適応されやすい理由としては、「清掃性が悪い」という点が挙げられます。

親知らずは最後に生えてくる歯だけあって、萌出スペースが不足しています。

その結果、横向きや斜めに生えることとなり、歯磨きしにくい状況が生まれるのです。

そんな親知らずに頑張ってむし歯治療や歯周病治療を施しても、すぐ再発してしまいますよね。

それならいっそ抜歯をした方がメリットも大きくなるというものです。

その他、隣の歯を圧迫したり、全体の歯並び・かみ合わせを乱す原因となったりすることから、親知らずを抜歯する機会が多くなっています。

痛みを我慢してはいけない

このように、親知らずは必ずしも抜歯が適応されるわけではないので、その周囲に痛みを感じたら、まずは当院までお越しください。

親知らずの痛みを我慢したり、市販の痛み止めでごまかしたりしても、根本的な原因が解決されることはありません。

また、歯科への受診が遅れるほど、症状もどんどん悪化していってしまいますので要注意です。

まとめ

親知らずに異常が認められたら、できるだけ早期に歯医者さんを受診しましょう。

親知らずのむし歯や歯周病は、その他の歯以上に重症化しやすいので、専門家による早急処置が不可欠なのです。