虫歯の原因~どんな食事が虫歯になりやすいの?~

皆さんこんにちは。
久喜市の歯科医院「ハートデンタルクリニック」院長の定岡です。
今まで虫歯予防の大切さについて、お話させていただきましたが、
皆さんは、そもそもどうして虫歯ができるか知っていますか。
今日は虫歯の原因についてお話ししたいと思います。

 

どのように虫歯ができるの?

口腔内に常在する虫歯菌は私たちが食事をすると、
その口の中に残った食べ物を餌にします。
虫歯菌は、口の中に残った食べ物を代謝するときに酸を作り出し、
その酸が、歯を溶かし虫歯をつくります。
では、虫歯菌が好む食べ物はなんでしょうか。
甘い物が虫歯になりやすいのは、皆さんよくご存じかと思いますが、
発酵性炭水化物という白米や麺類等一般的な炭水化物といわれる物全ても
虫歯の原因となります。

 

甘い物をたくさん食べると虫歯になる?

「甘い物をたくさん食べると虫歯になりやすい」
と思われている方も多いのではないでしょうか。
もちろん食べた量も問題ですが、実は頻度の方が問題となります。
例えば常に飴を舐めながら仕事をしている人や
砂糖入りのコーヒーを飲みながら仕事をしている人。
そのような方は要注意です。
決まった時間で食べ、食後はしっかり歯磨き&デンタルフロスをしましょう。

 

唾液

虫歯をつくる重要な要素として唾液があります。
唾液は溶けた歯を治す働きがあります。
寝ているときは唾液の分泌量が著しく少なくなりますので、
食べたまま寝てしまうととても危険です。
また、当然ですが磨き残しの多い方も虫歯になりやすいです。
ぜひ、歯ブラシと一緒に歯間を清掃するデンタルフロスを使ってみてください。

 

歯ブラシだけでは歯間は磨けません。
歯ブラシ&デンタルフロスで1セットです。
上手くデンタルフロスが使えない方、歯磨きがきちんとできているか心配な方
ぜひ、歯科衛生士にご相談ください。
毎日のケアで大切な歯を守りましょう。