治療の際に使用する水について

皆さん、こんにちは。
久喜市の歯医者「ハートデンタルクリニック」院長の定岡です。
治療に使用されている水は、どんな水かご存じですか。
日本では多くの歯科医院で、歯科治療時に使用する水(治療する時に出る水や、うがいする水など)は水道水を使用しています。
しかし、実はこの水が問題視されています。
今回は歯科治療での水回路システムの問題点と、当院での対策を中心にお話したいと思います。

 

水回路システムの問題点

歯医者さんの治療台のことを歯科ユニットといいます。
歯科ユニットには水道水が供給され、その水がユニット中を回り、削る機械・うがいの蛇口・水銃(スリーウェイシリンジ)などから出てきます。
水道水ですから、ある一定の水質基準は満たすものではあるのですが、それはあくまで歯科ユニットの根元までの話です。
歯科ユニットに水道水が供給され、ユニット中に回り、患者さんの口の中に排水される水の水質は衛生的に基準を満たしているかどうかは分かりません。
実は歯科ユニットの水回路システムの配管内は汚染されている可能性が非常に高いのです。
事実、いくつもの裏付けるデータが報告されています。
水回路システムの汚染には以下のようなものがあります。
・供給水の停滞による汚染(バイオフィルム形成)
・患者さんの血液、分泌物による汚染
・定期的な運転によって発生する吸引システムの汚染
・接続されるハンドピース類の供給水からの逆行汚染(サックバック)

 

当院での対策

これらの汚染に対してどのような対策をとるのがいいのでしょうか。
定期的に歯科ユニット内のホースや部品を交換するのは現実的ではありません。
そこで、当院では「エピオスエコシステム」という、高い殺菌力と安全性をもつ除菌水(次亜塩素酸水)を生成する装置を使用しています。
先進的なテクノロジーによる衛生的な治療環境を整えています。
つまり、歯科ユニットへの供給水を水道水ではなく、装置で生成した除菌水(次亜塩素酸水)を供給しています。

 

エピオスエコシステムとは

不純物を極限まで取り除いた超純水と食塩を混合し電気分解した水で、化学薬品を使用しない安全性の高い除菌水(次亜塩素酸水)を生成する装置です。
成分に含まれる次亜塩素酸は、白血球が身体に入ったウイルスを死滅させるときに出す人体由来の成分で、高い殺菌力を持ちながらも安全性に優れています。
歯科ユニット内やユニットからの排水の残留塩素濃度を一定に保ち、衛生的な除菌水(次亜塩素酸水)により、殺菌しながらの治療を可能にした装置です。
生成される水は、高い殺菌力をもつと同時に、安全性が高いことが知られています。

 

生成される水で殺菌できるもの

エピオスエコシステムでの生成水では、ほとんどの細菌や真菌(かび)、多くのウイルスを殺菌できます。
<例として>
●コロナウイルス
●インフルエンザウイルス
●ノロウイルス
●エイズウイルス
●各種肝炎ウイルス
●エイズウイルス
●MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)
●O-157(腸管出血性大腸菌)
●サルモネラ菌
●緑膿菌
●連鎖球菌
●カンジダ菌

またしてもコロナウイルス感染が拡大してきています。
エピオスエコシステムが全てを解決してくれるわけではありませんが、治療時に使用する水の清潔さを保つためには、歯科ユニットへの水回路システムへの対策が不可欠です。
患者さんには見えない部分ですが、感染は見えないところで起こってます。
歯科医院を選ぶうえで「水」も条件に入れてみてはいかがでしょう。