虫歯予防の味方、フッ素のお話

こんにちは。
埼玉県久喜市の歯医者「ハートデンタルクリニック」歯科衛生士の秋庭です。
今年は花粉の飛散量が多く「薬も効かない」「夜も寝られない」と
花粉に苦しみながら定期健診に来院される患者さんも多くいらっしゃいました。
そんな中「花粉が酷くて、口がものすごくよく渇くの。
唾の出が少なくなるとむし歯も出来やすいのよね?
歯磨き粉のフッ素を上手く活用していきたいと思って薬局に行ってみたの!
そしたら歯磨き粉に入っているフッ素の成分がいくつかあったの。どう違うの?」と質問を受けました。
そこで今回は、フッ化物の成分の違いと使用方法についてお話したいと思います。

 

日本でフッ化物配合歯磨剤に使われているフッ化物とその特徴

日本でフッ化物配合歯磨剤に使われているフッ化物は
「フッ化ナトリウム」、「モノフルオロリン酸ナトリウム」、「フッ化第一スズ」
の3種類です。
それぞれの特徴について、お話していきます。

 

①フッ化ナトリウム

歯を強く、丈夫にする力が強いです。
なぜなら、フッ素イオンが歯に直接作用し、歯面での反応がとても早いためです。
歯垢(プラーク中)のフッ化物濃度を高めてくれます。

このフッ化物が向く人は?
・むし歯リスクが低い人(むし歯になりにくい人)
・歯垢(プラーク)が付きやすい人

 

②モノフルオロリン酸ナトリウム

歯の奥(内部)まで浸透する力があるります。
それは、唾液で分解され作用するするためです。
それにより、フッ化ナトリウムの3倍以上、歯の内部まで浸透します。

このフッ化物が向く人は?
・むし歯リスクが高い人。
・歯と歯の間や歯の表面に初期むし歯がある人
・むし歯の治療をしたばかりの人
・酸性食品(酸っぱいもの)が好きな人

 

③フッ化第一スズ

むし歯予防だけでなく歯肉炎の予防にも効果的です。
なぜなら、スズイオンの効果により強い殺菌効果 があるためです。
むし歯と歯周病の原因となる菌を殺菌し、歯垢(プラーク)の形成や歯面への付着を抑制してくれます。

このフッ化物が向く人
・ 唾液や歯垢(プラーク)中にむし歯菌が多く存在する人
・ むし歯治療を繰り返している人
・歯垢(プラーク)が多い人

※唾液中の硫黄とスズイオンが反応し歯の表面が茶色く着色することがありますが、
歯科医院でのクリーニングで除去が可能です。

以上が市販されているフッ化物の違いになります。

日本ではフッ化物配合歯磨剤を使っているのにむし歯が多いといわれています。
また、日本は他国と比べると砂糖消費量が少ないにも関わらず、むし歯が多いというデータもあります。
これは、フッ化物がむし歯予防に効果があると知っている方は多くても、フッ化物の効果を最大限生かして使用している方が少ないからではないでしょうか。
そこでフッ化物の効果的な使用方法をご紹介します。

 

フッ化物の効果的な使用方法

①高濃度フッ化物配合歯磨剤を選ぶ。
・歯の萌出直後~5歳 500ppm
・6歳~14歳 1000ppm
・15歳以上 1500ppm

②歯磨き粉の使用量にこだわる
・歯の萌出直後~2歳  乳幼児の小指程度
・3歳~5歳 5 ㎜程度
・6歳~14歳 1㎝程度
・15歳以上  2㎝程度

③歯磨き時間にこだわる
2分間歯磨きするとお口の中のフッ化物の量が増加します。

④すすぎは少量のお水ですませる。
すすぐ時間は5秒。
お水の量は5~10cc(ペットボトルのキャップ程度)
フッ化物がお口の中に残り、とどまりやすくなります。

お口の中の環境や状況は個人差があります。
自分にはどのフッ化物が合うのか迷った時の参考にして下さい。
そして、フッ化物の効果を最大限生かせるよう、使い方にこだわってみるのもいいかもしれません。
気になることや不安な点がありましたら、お気軽に当院の歯科衛生士にお声がけください。