コラム|【HEART DENTAL CLINIC】 -久喜市-

0480-53-6810

〒346-0011
埼玉県久喜市青毛1196-3
診療時間日祝
9:00~13:00
14:00~18:00

完全予約制です。最終受付は17:30です。
休診日:木曜、日曜、祝日
▲祝日のある週は、木曜診療となります。

ハートデンタルクリニック

MENU

コラムColumn

むし歯が疑われる症状とは

皆さんこんにちは。

ハートデンタルクリニックです。

 

むし歯は、自然に治ることのない病気です。

 

しかも、一度むし歯になってしまうと、歯質を削らなければ治すことが困難なため、できるだけ早期に発見、治療を開始する必要があります。

 

そこで今回は、むし歯が疑われる症状についてわかりやすく解説します。

 

歯が痛む

歯が痛む場合、いくつかの異常が考えられますが、まずはむし歯を疑いましょう。

 

むし歯が進行すると、歯のエナメル質が溶かされ、象牙質がむき出しとなります。

 

その結果、歯の神経に痛みが生じるようになるのです。

 

歯の表面に全く異常が認められないにもかかわらず、歯が痛い場合は、重症化した歯周病や歯根破折なども疑われます。

 

いずれにせよ、歯医者さんでしっかりとした診査診断を受けなければなりません。

 

歯が黒くなった

歯は本来、白い組織ですよね。

 

それが黒くなっているのであれば、むし歯が疑われます。

 

むし歯になった部分は、象牙質がやわらかくなり、着色性の物質がたまりやすくなっています。

 

すると、むし歯によってできた穴に黒ずみが生じることがあります。

 

もっと広い範囲に黒ずみや黄ばみが生じているのであれば、それはむし歯ではなく、ステインの可能性が高いです。

 

食べ物や飲み物がしみる

食べ物や飲み物がしみる場合、まず疑われるのは「象牙質知覚過敏症」です。

 

歯の表面に亀裂や傷ができて、冷たい刺激が歯の神経に伝わりやすくなることで生じる症状です。

 

細菌感染は起こっていないので、歯を削る必要はありません。

 

一方、歯の表面に明らかな穴があいていて、冷たいものがしみる場合は、むし歯の可能性が高いです。

 

むし歯はさらに、甘いものもしみるようになります。

 

まとめ

このように、むし歯には自覚しやすい症状がいくつかありますので、少しでも異常に気付いたら当院までお越しください。

 

早期に治療できれば、歯を削る量も少なくなりますし、痛い思いもしなくて済みます。

 

治療の選択肢も多くなり、患者さまの心身への負担も小さくなりますよ。

 

ページトップへ