セラミック治療Ceramic treatment

セラミック治療とは

欠けた歯や亀裂のある歯などの詰め物・被せ物に「美しく・丈夫で・歯との親和性の高い」セラミックという素材を使用した治療のことです。
セラミックには透明感があり、周りの天然歯の色と合わせやすいという特徴があります。
精巧なものであれば歯科医師でも本物の歯と見間違えてしまうこともあります。
そのため、前歯など口を開けたときに目立つ部分にはセラミック治療が向いています。
同様の治療に使用される素材として、コンポジットレジン(保険材料)があります。コンポジットレジンは吸水性があるので着色や変色をしやすく、時間が経つにつれて劣化していきます。これに対しセラミックは非常に劣化しにくい素材です。
セラミック治療は、着色や変色が起こりにくいため将来的に再治療のリスクが大幅に抑えられ、歯の寿命も保険治療と比較すると長くなります。

埼玉県久喜市・ハートデンタルクリニック セラミック治療

セラミック治療のメリットのまとめ

  1. 周囲の歯との色調が綺麗に合わせられて自然な美しさが得られる。
  2. プラークが付着しにくいため二次虫歯や歯周病になりにくい。
  3. 金属アレルギーの心配がない。
  4. 経年的な変色が起こりにくい。

セラミック治療の種類

セラミック治療には様々な種類があります。治療方法として主な3種類をご紹介します。

  1. ラミネートベニヤ
  2. メタルボンドクラウン
  3. オールセラミッククラウン

3種類の特徴とメリット・デメリット

ラミネートべニヤ

ラミネートベニヤは歯の表側を薄く削り、薄いセラミックを貼る治療です。
削る歯質が少なくすみ、金属を使用しないため歯肉の色素沈着が起こらないことが特徴です。主に前歯の審美治療に有効とされ、前歯を白くしたい方に向いています。また、歯と歯の隙間の改善など、歯の形を部分的に整えるのにも最適です。
〈メリット〉
・歯を削る量が少なくすむ
・歯肉の色素沈着がない
・年数が経っても変色しにくい
・歯ぐきの見た目への影響が少ない
・治療時間が短い
〈デメリット〉
・場合によっては貼り付けたところが外れたり、割れたりすることがある

埼玉県久喜市・ハートデンタルクリニック セラミック治療 ラミネートベニヤ

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウンとは、歯全体を削り、その上から金属にセラミックをコーティングして作った冠を被せる治療方法です。
内冠が金属でできているため強度面で非常に優れています。表面は白いセラミックでできているので、変色などが少なく耐久性を求める方に最適の方法です。
〈メリット〉
・内冠が金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用可能
・汚れが付着しにくい
・年数が経っても変色しにくい
〈デメリット〉
・内冠に金属を使用しているため色調や透明感はオールセラミッククラウンに劣る
・歯茎が黒ずむ可能性がある

埼玉県久喜市・ハートデンタルクリニック セラミック治療 メタルボンド

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンとは、歯全体を削り、その上からセラミックのみで作られた冠を被せる治療方法です。
メタルボンドクラウンとは違い内冠に金属を一切使用しないので、透明感が高く審美性に非常に優れています。
〈メリット〉
・内冠に金属を使用しないため、透明感があり見た目が非常に美しい
・金属アレルギーの方でも使用可能
・汚れが付着しにくい
・年数が経っても変色しにくい
・歯ぐきの見た目への影響が少ない
〈デメリット〉
・強い衝撃を与えると割れる恐れがある
・費用がかかる

埼玉県久喜市・ハートデンタルクリニック セラミック治療 オールセラミッククラウン

現在の主流はジルコニアクラウン

近年、オールセラミッククラウンに「ジルコニア」を使用することが増えてきました。
ジルコニアは人工ダイアモンドとしても有名な、陶器に似た素材です。
強くて丈夫な上、耐熱性・耐久性・耐腐食性が極めて高いことから、優れた歯科素材として注目されています。
ジルコニアは金属よりも硬く強度の高い素材ですが、軽量(金属の1/3)なため、装着したときの歯にかかる負担が大幅に軽減されるという特徴があります。強度や耐久性に優れるため、金属で補強する必要がありません。
そのため、光を透過しやすい透明感のある白く美しい仕上がりを目指すことも可能です。
また、生体への親和性が高いため人体に優しく、金属アレルギーの方も安心して利用できます。審美面、安全面、強度を兼ね備えた次世代のセラミックとして、口元への意識の高い方を中心に人気が高まっています。

当院のセラミック治療

①診査・診断・治療計画を立案します。

セラミック治療といっても、いきなり型取りをするのではなく、実際は治療対象歯の診査・診断を行い、必要であれば根管治療や歯周病治療などを行います。

②歯を削り、仮歯を入れます。

仮歯を入れて形や噛み合わせなどを実生活の中で確認してもらいます。修正が必要であれば都度行います。

③型取り・嚙み合わせ・写真をとります。

型取りの際には「歯肉圧排」といって、歯と歯ぐきの境目に糸を入れ、綺麗に型取りできるようにする処置をします。
型をとる材料は「シリコン印象材」といってゴム製の特殊なもので採ります。
また、周囲の歯の色に合わせるため写真を撮り参考にします。

④セラミック冠を装着します。

適合・色調などに問題なければ装着します。