虫歯治療Caries treatment

虫歯とは、口の中に住み着いている細菌が食べ物や飲み物に含まれる糖質を餌にしてベトベトのグルカンというものを出し、歯に付着します。これをプラークといいます。そのプラーク中で細菌たちは酸を産生し歯を溶かしていきます。そしていずれ歯に穴が開いてしまいます。これが虫歯です。
虫歯は酸を産生する「細菌」と、酸に溶ける「歯」、また細菌の餌となる「糖質」の3つの好ましくない条件が重なり、時間が経過することで発生します。

虫歯の成り立ち(生物学的プラーク説)

頻繁に糖質を摂取すると、プラーク中の様々な細菌が糖を代謝して頻回に酸を産生します。その酸により、細菌自身にもストレスがかかることで細菌がよりもっと酸を産生し、その強い酸にも耐えられるようになります。
プラーク中のphがどんどん酸性に傾きプラーク内環境の変化が起こります。
プラーク中が酸性になると酸に弱い細菌は生き残れなくなり、酸性環境で生き残れる細菌が優勢になります。すなわち「生態の変化」が起こります。
酸性の環境で生き残った細菌がさらに酸を産生し、歯が溶かされていきます。
こうして虫歯がどんどん進行していきます。

ステージ別の治療方法

CO(初期虫歯)

〈状態〉歯に穴は開いていませんが、表面のカルシウム分が少なくなりツヤがない状態です。白く濁って見えたり薄い茶色に見えたりします。
〈症状〉痛みなどの自覚症状はありません。
〈治療法〉再石灰化療法(歯の表面から溶け出たミネラル分を補うこと)を行います。

C1(エナメル質虫歯)

〈状態〉歯の表面(エナメル質)に穴が小さく開いている状態ですが、ほとんど気づきません。
〈症状〉痛みやしみる感じはほとんどありません。
〈治療法〉場合により削りますが、通常はCOと同じく再石灰化を促します。

C2(象牙質虫歯)

〈状態〉虫歯が歯の内部に広がり象牙質まで及んだ状態です。
〈症状〉冷たい飲食物がしみることがあります。
〈治療法〉虫歯の部分を削り、詰めるか型をとり修復物を作製、後日装着します。

C3(歯髄まで及んだ虫歯)

〈状態〉虫歯が歯髄(神経)まで及んだ状態です。
〈症状〉激しい痛みを感じます。放置すると神経が死んでしまい、痛みがなくなることもあります。
〈治療法〉神経を取る治療(歯根の治療)をします。かなり複雑な治療になりますので時間がかかります。

C4(歯根だけ残った虫歯)

〈状態〉歯冠(歯茎から上の部分)がほとんど崩壊し、歯根だけ残った状態です。
〈症状〉歯髄(神経)が死んでしまい、痛みがなくなる場合があります。歯根の先に膿が溜まると激しい痛みが起こります。歯茎が腫れてしまうこともあります。
〈治療法〉保存治療が困難なため通常は歯を抜くことになります。

当院の治療方法について

治療方法は各ステージにより様々ですが、どうしても歯を削らないといけない場合もあります。その際に心配なことがいくつかあると思います。当院では限られた時間の中で、安心・納得いただけるようにしています。

痛くないの?怖くないの?

痛みを感じる可能性がある治療はあらかじめ麻酔をして行います。麻酔が苦手な方も表面麻酔を塗布したり、温めた麻酔薬を使用したりなるべく痛みなく麻酔をする配慮をしています。また恐怖心が強い方には笑気麻酔もおこないます。

削った後はどうなるの?

治療前にはどのような修復物が入るかを説明してからおこないます。また、保険診療と自由診療での違いや、口腔内写真を撮影し、削った後をイメージしてもらいやすいように説明します。

歯が痛い

歯の痛みにもいろいろあります。
噛むと痛い・何もしなくても痛い・触ると痛いなど。しかし虫歯はある程度進行しないと症状はでません。虫歯が原因でないこともよくありますが、虫歯による痛みの場合は、虫歯が進行している状態です。なるべく早い受診をお勧めします。

歯がしみる

虫歯でも歯がしみることはありますが、圧倒的に多いのは知覚過敏です。冷たいものや温かいものを飲むとキーンとしみる。歯ブラシが当たると痛いなど。自己判断せず虫歯なのか知覚過敏なのか、または他に原因があるのか、歯科医院を受診して診察してもらうと安心だと思います。

銀歯や詰め物が取れた

まずは取れてしまった詰め物をなくさず保管し、受診の際にご持参ください。
場合によっては作り直さずに、また再装着できることもあります。
接着剤の経年劣化で取れてしまうこともありますが、それ以外の原因であることが多いです。
例えば、部分的に詰め物が割れていたり、歯が欠けていたり、虫歯ができていたり。
詰め物が取れたまま放置すると、いっそう歯が欠けてしまったり、虫歯が進行してしまったりします。なるべく早く受診することをお勧めします。